3brothers house

3人の息子の父の育児ブログです。子育てで経験した日常の情報を紹介していきます。

ジャングルジム




おもちゃ

すべり台付き室内用ジャングルジムは子供が毎日遊びます。

更新日:

 

ゆう
パパーこれほしい!お家でブランブランしたい!

ジョー
僕も欲しい!バブー

 



と長男と次男がジャングルジムを指差していうので買いました!

室内用ジャングルジムです。

長男3歳、次男1歳の時です。

ロフトベッドのはしごを登ったり、柱のポールにつかまって登ろうとしたり家の中でも身体を動かしたくて仕方ありません。

すぐに組み立てると大喜びで二人で遊びます。

 

 

 

近所のブックオフバザールで中古品でしたが7千円くらいしました。

ブランコ中に近づいたら危ないよ!と言っても近づいて蹴られます。

 

ブランコを外せば鉄棒になります。

鉄棒の高さは2段階変えられます。上の高さに上げるのはまだまだ先になりそう。

滑り台をつけるところも変更可能なので部屋のレイアウトによって最適なところを選べます。

うちは普通の角度に飽きたのか一番頂上に滑り台をつけてほぼ真下に落ちるスリルを味わってます。(下にはクッションが必要)




 

メリット

・腕力や背中の筋肉が自然に鍛えられる

足や身体の前面の筋肉は普通の生活でも鍛えられるでしょうが、腕力や背中の筋肉はなかなか鍛えられません。

ジャングルジムで掴んで引っ張って自分の身体を持ち上げる作業で全身が鍛えられます。

・勝手に遊んでくれる。

毎日毎日公園へ連れていける家庭なら問題ありませんがなかなか毎日運動させるのは難しい。

この室内ジャングルジムがあれば雨の日でも外に連れていけない時も勝手に家の中で遊んでくれます。

テレビをぼけーっと観ている子供と家の中でも毎日身体を動かしている子供の一年後の差は大きいと思います。

あの水泳の池江選手も家の中に雲梯(ウンテイ)があって毎日やってたと聞きます。

・掴む運動が脳に刺激を与える

・高いところに登ってバランス感覚がつく、体幹が鍛えられる。

 

デメリット

・怪我をする可能性がある

小さいうちは見ていないと危険な遊びもするので慣れるまでは見てあげる

長男が鉄棒で回ろうとしているときに次男が近づきそうになって、もう少しで頭を打つところだった。

 

↓こんなわけの分からない遊びも考えます。

 


まとめ

 

買って大正解。

置けるスペースがあるならお勧めです。

怪我だけ注意が必要。

 

 


子育てパパランキング






-おもちゃ

Copyright© 3brothers house , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.