3brothers house

3人の息子の父の育児ブログです。子育てで経験した日常の情報を紹介していきます。




ガジェット

iPad Pro12.9のMagic Keyboard買ったけどユニバーサルコントロールが登場したので要らなくなった話

投稿日:

 

先日の記事で自分用にiPad Pro12.9の整備品を買ったことを書きました。

同時にiPad Pro用のMagic Keyboardも一緒に買ったのですが、買う時に

  • Magic Keyboard
  • LogicoolのCOMBO TOUCH
  • Smart Keyboard folio

この点でかなり悩みました。

結局、iPad Proでも動画編集やブログを書いたりするのでトラックパッドもついてるMagic Keyboardにしましたが、ユニバーサルコントロールができるようになったことで高いMagic Keyboardを買わなくてよかったやん!ってなった話です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥49,880 (2022/10/01 03:38:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

比較

  価格 重量 カラー トラックパッド
Magic Keyboard(12.9インチ) 41,580円 687g ホワイトorブラック
Combo Touch(12.9インチ) 26,730円 780g オックスフォードグレー
Smar keyboard folio(12.9インチ) 23,798円 408g ブラック

 

 

Magic Keyboardを買った理由

動画編集をするため

iPad Proで外出先でもルマフュージョンを使って簡単な動画の編集をするため。

がっつり動画編集するときは家でFinal Cut Proを使ったほうがやりやすいのですが、簡単な動画はルマフュージョンでやったほうが動画の容量も軽くできるので便利です。

ルマフュージョンで編集する時にタイムラインの移動はトラックパッドがあったほうがはるかにやりやすいのでMagic Keyboardを選びました。

 

ブログなどの文章入力を快適にするため

文章入力をしているとカーソルの移動をすることがよくあります。

iPad Proの画面をタッチして移動しようとすると自分が思っていたところと違うところをタッチしてしまってキーボードの矢印を使って移動するってことがよくあります。

細かいところを指でタッチするのは難しくそのたびにApple Pencilを使うのは面倒です。

トラックパッドがあるMagic Keyboardはカーソルを動かして選択できるので便利です。

 

画面が汚れにくい

Magic Keyboardにはトラックパッドがついてるので画面を触ることなく操作ができます。

画面を触らなくてすむので画面が汚れることも少なくなります。

 

 

上記3点の理由で値段が高いMagic Keyboardを選んだわけですが、ユニバーサルコントロールが登場したことでSmart keyboard folioでよかったやん!

と後悔しております。

 

 

 

ユニバーサルコントロールってなに?

Appleは1月29日、iOS 15.4 Public beta」「iPadOS 15.4 Public beta」「macOS 12.3 Public beta」をパブリックベータプログラム登録者向けに配信開始した

iOS15.4では、Apple Watchなしでマスクの着用時のFace IDの解禁されたと話題になりましたが、自分が気になったのはユニバーサルコントロールが登場して、1台のキーボードやマウスで複数のデバイスを行き来できるという機能です。

 

 

 

従来、SidecarとしてMacのサブモニターとして使うことはできましたが、SidecarにするとMacの内容を表示するだけなのでiPad OSのアプリを使うことはできません。

今回使えるようになったユニバーサルコントロールはSidecarとは違い、一台のキーボードやマウス・Magic Keyboardで複数のデバイス間で使えるようになりました。

 

 

早速使ってみた

自宅ではMacBook Proをクロムシェルモードで使っています。

システム環境設定→ディスプレイ→ディスプレイを追加→キーボードとマウスをリンク

 

これでマウスやトラックパッドやキーボードをMacBook ProとiPad Proなど複数デバイス間で使えるようになります。

 ユニバーサルコントロール

 

配置は後から変更可能です。

MacBook ProのトラックパッドからiPad Proの画面を操作することができますし、iPad ProのMagic KeyboardのトラックパッドからMacBook Proの画面を操作することができます。

 

 

ユニバーサルコントロール

 

そして便利なのが、毎回接続作業をすることなく自動的に再接続してくれることです。

 

 

 

今まで手の届くところにiPad Pro12.9を置いていましたが、手が届かなくてもトラックパッドで操作できます。

めちゃくちゃ便利!

 

 

 

MacBook Proと接続しているモニターは43インチあるのでiPad Proをサブモニターとして使うことはありませんでしが、iPadのアプリは使いたいときが多々あったのでかなり便利になりました。

 

 

ユニバーサルコントロールを使えるようになったことで外出先では軽いSmart keyboard folioを使って、帰宅したらMacBook Proにつかってるトラックパッドとキーボードを使うということが可能になります。

わざわざ高いMagic Keyboardを買わずに2万円代で買えて、さらに軽くて持ち運びしやすいSmart keyboard folioをかっておけばと後悔しています。。

でも今更メルカリで売って、新たに買い直す気にはならないのでこのままMagic Keyboardを使います。

 

もっとはやくユニバーサルコントロール出してほしかった・・・

 

 

ユニバーサルコントロール機能は開発者向けベータ版のみ公開されています。

使われる際は自己責任でお願いします。

 

Apple Beta Software Program

 

 






-ガジェット
-,

Copyright© 3brothers house , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.